39社が垣根を越えたアライアンス 出力600W超モジュールの開発を加速

今年7月、太陽光発電に関連する39企業が集結し、「600W+太陽光発電オープンイノベーション・エコロジカルアライアンス」が発足した。

このアライアンスに参加したメンバーは、モジュールメーカーだけではない。シリコン・ウエハ・セル・トラッカー・パワーコンディショナ・素材・機器メーカーなど、太陽光発電業界のバリューチェーンにおける上流から下流まで、すべてにわたっている。

<アライアンス 参加メンバー39社>
•    Arctech Solar Holding
•    China Datang
•    China Energy Engineering Group Heilongjiang Electric Power Design
•    China General Certification Center
•    Cybrid Technologies
•    DB Schenker Logistics
•    DNV GL Singapore
•    East China Electric Power Design Institute of ChinaPower Engineering
•    Flat Glass
•    Hangzhou First Applied Material
•    Huawei Technologies
•    Huadian New Energy Technology Development of China Huadian Engineering
•    Irico (Hefei) Photovoltaic
•    JA Solar Holdings
•    Jiangsu Huansheng Photovoltaic
•    Kelongwei Automation Equipment
•    Nextracker
•    PowerChina Guizhou Engineering
•    PowerChina Jiangxi Electric Power Construction
•    Risen Energy
•    S.C New Energy Technology
•    Sineng Electric
•    SMA Solar Technology
•    SPIC (Beijing) New Energy Investment
•    Sun Yat-sen University Solar Research Institute
•    Sungrow Power Supply
•    Suzhou Maxwell Technology
•    Suzhou Run Sunshine Technology
•    Tianjin Zhonghuan Semiconductor
•    Trina Solar
•    Triumph Science & Technology
•    TÜV NORD
•    TÜV Rheinland (China)
•    TÜV Süd Certification and Testing (China)
•    UL CCIC
•    Wuxi Shangji Automation
•    Xiaoniu Automation Equipment
•    Xinyi Glass (Anhui)
•    Yonz Technology (Changzhou)

 

トリナ・ソーラーをはじめ、ライバル関係にある世界大手のモジュールメーカー複数社や、トレンドとなっている210mm角ウエハを製造するメーカーなどが名を連ねている。

このアライアンスは、市場に見合った資源の相乗効果を生み出して、R&Dや生産といった主要なプロセスを統合することで、顧客により多くの価値をもたらし、太陽光発電産業の持続可能な開発を促進することを目的としたオープンイノベーションだ。

600W超時代のモジュール開発には、各企業が個別に努力するのではなく、エコシステムを確立することが重要となる。このプラットフォームに参加する企業は、ひとつのイノベーションチームの一員として互いに協力する。

たとえば、ガラスメーカーがR&Dと生産能力の改善を図ろうとする場合には、モジュールの設計や梱包方法、輸送ソリューションの設計にまで影響を与える。

また、モジュールメーカーが超高出力品の製造ラインを構築する場合には、シリコンの歩留まり向上やウエハの厚み、プロジェクト設計やロジスティクスなどに関する情報を統合し、複数のプロセスを改善する必要がある。

互いに協力するエコシステムを確立することによって、太陽光発電システム全体に関わる新たなソリューション開発を、より合理的、かつ迅速に進めることができるようになるのだ。
 

アライアンスのローンチイベントにおける一枚。

 

このアライアンス発足当日、トリナ・ソーラーは、Vertex(バーテックス)モジュールの最新モデルを発表した。今年2月にトリナがいち早く切り拓いた「500W超時代」をさらに推し進める第二世代の550W、600Wの高出力モデルだ。

 

新たに発表されたVertexシリーズ600Wモデル。

 

そして、8月7日から10日にかけて上海で開催された国際的な太陽光発電とスマートエネルギーの会議&展示会「SNEC2020」では、出力660W、変換効率21.2%という超高出力の660Wモジュールもお披露目。今年の第4四半には、550Wシリーズの量産を開始する見込みだが、600W、660Wモデルについても、量産体制の実現に向けて開発が進められている。

 

SNECで出品された超高出力の660Wモデル。

 

SNEC2020のトリナ・ブースの模様は、こちらの動画で確認できる。

(字幕をオンにすれば日本語字幕を表示可能)

 

SNECでは、Vertexシリーズモジュールが、エネルギー業界の大手第三者テクニカルサービスプロバイダー「China General Certification Center」を通じて、厳しいテストと包括的な査定を通過したことも発表された。この認証は、モジュールストリングの高い出力における安全性、信頼性、および機能性が検証および確認されていることを示すもの。

 

これは、Vertexモジュールの4つの特長、①「高出力」②「高変換効率」③「高信頼性」④「優れた温度係数と低照射特性」のうち、①②について、その確かさを証明している。

 

「出力500W超時代」を切り拓いたVertexモジュールは、わずか半年で、「600W超」という新たなステージへ、太陽光業界を導いた。

 

そして「600W+太陽光発電オープンイノベーション・エコロジカルアライアンスによって、業界各社と手を取り合いながら、トリナはさらなる技術革新へと邁進してゆく。

 

これからの時代は企業として省エネ、創エネ、畜エネへの取り組みが求められます。グローバルのトップ企業トリナ・ソーラーの高品質で高パフォーマンスの製品の中から最適なパネルをお選びください。

     

    関連コンテンツ

ブログTOPはこちら 製品一覧はこちら
お問い合わせフォーム

関連する記事